当協会のシンボルマークについて


当協会のシンボルマークについて
昭和62年度に決定したマークの緑の3本の線は、埼玉県を代表する河川、利根川、荒川、入間川にを
抽象化したもので、河川の浄化作用を象徴化し生活環境の保全と公衆衛生の向上を願ったものです。
また金色の3本の渦は埼玉県歌の中に見える、恵み、希望、柔和を象徴したもので,業界の発展と
県民の繁栄が祈念されています。